• 文字サイズ

マナーについてのお願い

駅構内/ホーム上

「歩きスマホ」はおやめください。
駅施設内などにおける携帯電話・スマートフォンの「ながら歩き」は、お客さま同士の衝突や線路への転落などの事故につながる恐れがあり、大変危険です。

エスカレーターでは歩かずに立ち止まってください。
黄色い線の内側に立ち、手すりにつかまってください。急いでエスカレーターを駆け上がったり、駆け下りたりすると、転倒や他の人にぶつかってけがをさせる事故につながる恐れがあります。

黄色いブロックをふさがないでください。
駅のホームなどに敷設されている黄色いブロックは、目が不自由な方の大切な道しるべです。ブロックの上に荷物を置かない、立ち止まらないといったご配慮をお願いいたします。

電車を緊急に止める必要があるときは、非常通報ボタンを押してください。
線路に人が転落した場合など、電車を緊急に止める必要があるときには、非常通報ボタンを押してください。ボタンを押すと付近を走行中の電車は緊急停止します(非常時以外は絶対に触れないでください)。

黄色い点字ブロックの内側をお歩きください。
ホームの端を歩くと転落や列車との接触の危険性があります。黄色い点字ブロックの外側には出ないようお願いします。

誘導矢印に沿ってお歩きください。
駅の階段には、上りと下りを区別する矢印を付けています。お客さま同士の衝突を避けるため、矢印に沿ってお歩きください。

乗車時/車内

駆け込み乗車や無理な乗り降りはおやめください。
事故やけが、電車の遅れにつながり他のお客さまのご迷惑となります。

車内で不審なものや暴力行為、気がかりな点がありましたら係員までお知らせください。
非常の場合は、各車両にある通報ボタンを押すと乗務員に通報できます(非常時以外は絶対に触れないでください)。

お子さま連れのお客さまは、ドアに手を引き込まれないようご注意ください。
ドアに手をつくのは危ないのでおやめください。

お立ちのお客さまは手すりやつり革におつかまりください。
電車は事故防止のために急停車することがあります。

携帯電話はマナーモードに設定の上、通話はご遠慮ください。また、優先席付近では混雑時には電源をお切りください。
※新京成をはじめ関東の各鉄道事業者が共通の案内を行っています。

ご乗車になりましたらドア付近には立ち止まらず、中ほどまでお進みください。

混雑時、リュックサックは手に持つか、網棚をご利用ください。

座席には1人でも多くのお客さまが座れますよう、譲り合ってお掛けください。

各車両には優先席があります。
お年寄りやお体の不自由なお客さま、妊娠中や乳幼児をお連れのお客さまがいらっしゃいましたら、席をお譲りください。

床への座り込み、着席時の足組み、足の投げ出し、新聞、お荷物、ヘッドホンの音漏れなどにより他のお客さまのご迷惑とならないようご配慮ください。

車内での化粧や飲食はご遠慮ください。
周りのお客さまに不快感を与えることがあります。

新聞・空き缶・ペットボトルなどのゴミは車内に置かず、駅備え付けのゴミ箱をご利用ください。

お降りの際は、車内のお忘れ物にご注意ください。
もし車内にお忘れ物をしたときは、こちらへお問い合わせください。

ベビーカーをご使用のお客さまへ

ベビーカー停車時はストッパーをかけて手を離さないでください。
駅のホームは水はけのために傾斜になっています。線路に対して前向きに止めるのではなく並行になるように止めてください。車輪のストッパーをかけて、手を離さないように注意してください。
電車の中でベビーカーを止める際には、進行方向に対して垂直(90度)になる向きに置き、車輪のストッパーを掛けてください。また、突然バランスを崩して倒れることもあるので、手は離さずしっかりと添えてください。

シートベルトは必ず着用してください。
駅は段差や隙間が多く、つまずいたり溝に車輪が挟まって倒れたりすることがあります。電車内では急停車や揺れによって、ベビーカーからお子さまが転落してしまう可能性もあります。そのような万が一の時にシートベルトをしていないと、大きな事故につながりかねません。

エスカレーターや階段はベビーカーからお子さまを降ろして利用してください。
ベビーカーに子どもを乗せたまま抱えての階段の上り下りや、前輪や後輪だけをエスカレーターにのせての移動は大変危険です。駅構内での移動では、なるべくエレベーターを使用してください。やむを得ずエスカレーターや階段を使用する場合は、ベビーカーからお子さまを降ろしてください。お手伝いが必要な場合は、駅係員にお申し出ください。

車内では車いすスペースをご利用ください。
車いすスペースはベビーカースペースとしてもご利用いただけます。なお、車いすの方やお体の不自由な方がご乗車された場合には、譲り合ってご利用ください。
8000形以外は、1号車と6号車(先頭車両と最後尾車両)に車いすスペースがあります。また、80000形は1~6号車全てに車いすスペースを装備しています。

混雑時間帯は避けてご利用ください。
7時から9時ごろ、18時から20時ごろはなるべく避け、やむを得ず混雑時間帯に電車に乗る場合には、抱っこひもを準備してベビーカーを畳めるようにしてください。他のお客さまへのご配慮をお願いいたします。

時間に余裕をもっておでかけください。
ベビーカーを押しながらの小走りは他のお客さまとの衝突や転倒の原因となります。特に、ベビーカーを押しての駆け込み乗車は大変危険ですので絶対におやめください。

朝の混雑を避けた通勤・通学、分散乗車のお願い

混雑する時間

混雑が比較的少ない車両

松戸方面行き

松戸方面 朝の列車ごとの混雑状況はこちら

京成津田沼方面行き

※新津田沼行きの列車も比較的すいています。
京成津田沼方面 朝の列車ごとの混雑状況はこちら

※混雑状況は日により変動があります。あらかじめご了承ください。

車内冷暖房使用時のお願い

体感温度は人により差がありますので、衣服による調節などにもご協力をお願いいたします。

冷房に関して

通常の冷房では涼しすぎるとお感じのお客さまは、中ほどの弱冷房車をご利用ください。

※弱冷房車(車外ドア上と車内に弱冷房車の表示があります。)

暖房に関して

各座席の両端(ドア付近)は、座席下にドア開閉用の装置があるため暖房の熱が伝わりにくいことがあります。このような場合は、各座席の中ほどをご利用ください。

このサイトをシェアする 
ページトップへ